top of page

9月17日(日)

|

沼津仲見世商店街 旧まんなか

OPEN NUMAZU weekend 無料上映『幸福路のチー』

ヒト中心のまちなかをつくるプロジェクト「OPEN NUMAZU」にて沼津仲見世商店街 旧まんなかを会場にアニメーションを無料上映!

OPEN NUMAZU weekend 無料上映『幸福路のチー』
OPEN NUMAZU weekend 無料上映『幸福路のチー』

日時・場所

2023年9月17日 17:00 – 19:50

沼津仲見世商店街 旧まんなか, 日本、〒410-0801 静岡県沼津市大手町5丁目8−1

イベントについて

ヒト中心のまちなかをつくるプロジェクト「OPEN NUMAZU」にて、沼津仲見世商店街 旧まんなかを会場に無料上映!

「これは自分たちの物語」。風景もストーリーも深く心に重なる、台湾のアニメーションです。

日時 : 2023年9月17日(日) 開場 17:00〜 上映 17:30〜19:25

会場 : 沼津仲見世商店街・旧まんなか

無料・申込不要

*お席は当日先着順にて受付

**満席の場合はご了承ください

-----

『幸福路のチー』日本語吹替版

監督:ソン・シンイン / 台湾 / 111分 / 2017年

-----

世界各地の映画祭を席巻し、台湾映画史上初の快挙を続ける傑作アニメーション。 

歴史も文化も異なる観客が「これは自分たちの物語」と絶賛。

-----

台北郊外に実在する通り「幸福路こうふくろ」を舞台に、主人公チーと下町に生きる人々の姿を、素朴で温かみのあるタッチと技巧を凝らしたファンタジックな映像を交えて描いた『幸福路こうふくろのチー』。アニメーション産業不毛の地、台湾から突如生まれたこの作品は、東京アニメアワードフェスティバル2018でグランプリを受賞後、各地の国際映画祭で受賞を重ね、ついには2019年アカデミー賞®長編アニメーションの25作品にエントリーされるなど話題を呼んできた。

実写映画のキャリアを持つソン・シンイン監督は、この半自伝的な物語を映画化するにあたり、成長にともなう残酷さや痛さを温かみのあるノスタルジーに変換するため、経験のなかったアニメーションという手法を選択。独力で資金集めに奔走し、ついには自らアニメーションスタジオを設立した。幾度の危機を乗り越え、4年の制作期間を経て完成した『幸福路のチー』は、そのクオリティの高さとストーリーテリングの豊かさで、日本のアニメーターやアニメファンを驚かせ、世界中の異なる文化を持つ観客から「自分たちの物語」だと絶賛されている。

-----

STORY

アメリカで暮らすチーの元に、台湾の祖母が亡くなったと連絡が入る。久しぶりに帰ってきた故郷、台北郊外の幸福路は記憶とはずいぶん違っている。運河は整備され、遠くには高層ビルが立ち並ぶ。同級生に出会っても、相手はチーのことが分からない。自分はそんなに変わってしまったのか――。チーは自分の記憶をたどりはじめる。 空想好きだった幼い頃は、毎日が冒険だった。金髪に青い目のチャン・ベティと親友になってからの日々、両親の期待を背負っての受験勉強。学生運動に明け暮れ、大学卒業後は記者として忙殺される毎日を送った。そして友との別れ。現実に疲れたチーは、従兄のウェンを頼ってアメリカに渡る。そこで出会ったトニーと結婚し、両親にもアメリカで幸せになることを誓ったけれど・・・。今、夫から離れて幸福路のいるチーは、昔と同じように祖母の助けを必要としている。 実は人生の大きな岐路に立っていたチーは、幸福路である決断をする――。

-----

https://crest-inter.co.jp/onhappinessroad/

©Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

配給・宣伝 お問合せ :クレストインターナショナル

-----

-----

OPEN NUMAZUは、まちなかの公共空間を活用することなどで生まれる風景を「日常」へとつなげ、ヒト中心のまちなかを創り出していくプロジェクトです。

https://lit.link/opennumazu

このイベントをシェア

bottom of page